Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

9:00 pm — 11:00 pm

エクスチェンジ: 新たな国際プラットフォーム

Performances and Talk
Alma, ラリー, IKU, Nile Koetting, 松本望睦,

ALMA、IKU、ラリーのスペシャルなストリーミングライブ。また、インフラ INFRAの3人の共同主催者とのトークも開催。

6:00 pm — 9:00 pm

瞑想的な音とオブジェクト

Talk
グリーンミュージック,

グリーンミュージックのトモコ・ソヴァージュとフランチェスコ・カヴァリエによる瞑想と音、そして物体との関係をパネルディスカッションにて探求します。

12:00 am — 5:00 am

新世代クラブ

At WWWβ
Club Night, Performances
エママウス, 小林リリウム, Alma, 食品まつり, DJWWWW, toiret status, ライラ, ラリー,

楽しさ、スピード、テンポを知り尽くすDJや音楽プロデューサーによる、フェスティバル最終日のクロージングパーティー

プログラム一覧

アーティスト

Nile Koetting

ナイル・ケティングはテキスト、映像、パフォーマンス、音響、インスターレーションや科学物質などといった、多様なメディアを用いて表現を行うアーティスト。ナイルの作品は、ドイツのZKM美術館や、森美術館、メゾン・エルメスなど国内外にて発表されている。 ナイルはサウンドギャラリーEBM(T)とインフラ INFRAのファウンダーでもある。

toiret status

山口県在住の音楽家。作品制作・発表を排泄・洗浄となぞらえ、「水に流す」ことをテーマとする。iPhoneやiPadの簡易的な音楽制作アプリケーションGarageBandのみで楽曲制作を行い、サンプリングミュージックの手法でビートメイキングを施す。2015年にWasabi Tapes(JP)よりDJWWWWとのユニットToiret $egatus名義でYamaGucciを、2016年にはOrange Milk(US)より◎omaru◎をリリース。

マニュエル・ロスナー

マニュエル・ロスナーは、デジタルコンテクストの中における、空間の概念を基調とするアーティスト。 彼の作品は、ゲームや、特殊効果などを目的としたツールを用い、平行し存在する現実(パラレルリアリティ)を浮き彫りにする。これらのデジタル作品は、近年の彼のデュッセルドルフのNRWフォーラム美術館での展示のように、現実の空間に派生などをしていく。 インフラ INFRAにて、マニュエルはフェスティバルのデザインとアニメーションを担当する。

アーティスト一覧