Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

6:00 pm — 9:00 pm

瞑想的な音とオブジェクト

Talk
グリーンミュージック,

グリーンミュージックのトモコ・ソヴァージュとフランチェスコ・カヴァリエによる瞑想と音、そして物体との関係をパネルディスカッションにて探求します。

6:00 pm — 9:00 pm

時の受容: 竹村延和

Performances
竹村延和, ダンビ・キム,

竹村延和が中心となり特別に構成されるN.Tアンサンブルによる演奏。アーティストの長年のテーマである、言語と音響の関係性を四重奏と電子音を基に、テキスト、イメージなどを用い、竹村延和の世界感を凝縮した新作。

2:00 pm — 6:00 pm

音楽とお茶のワークショップ

Workshop
ラーズ・TCF・ホルトゥス, ダンビ・キム,

音楽の制作、コミュニティーと、お茶について学ぶワークショップ。

プログラム一覧

アーティスト

イェンナ・ステラ

イェンナ・ステラのインスタレーションやテキスト、そしてサウンド・パフォーマンスは、テクノロジーを介した不安定な社会的、または物質的状況を分析し、反応を示すことを試みている。近年は、究極的には理解し得ない、かつ、絶え間なく生成される極めて複雑な生物学的及び計算的システムを研究。ステラの作品は、世界文化の家(ベルリン)、ICA London(ロンドン)、東京都現代美術館(東京)などで発表されている。

松本望睦

松本望睦は東京を拠点としたサウンドアーティスト。また、サウンドギャラリーEBM(T)とインフラ INFRAの共同設立者である。彼の作品は山本現代やタリオンギャラリーにて発表が行われている。松本は様々なプロジェクトにてサウンドデザインを行なっており、メゾンエルメス東京のナイル・ケティング「サステイナブル アワーズ」や、ヴェネチア建築ビエンナーレ2016での妹島和世+西沢立衛 / SANAAの犬島「家プロジェクト」等を手がけている。

ラーズ・TCF・ホルトゥス

TCFはベルリンを拠点とするノルウェイ出身のアーティスト兼プロデューサー、ラーズ・ホルトゥス。作品の展示と音楽パフォーマンスを繰り返す中、TCFの作品はコード、暗号法といったテーマを探求し、音楽的作曲には視覚性、聴覚性、ビルド(プログラム)や、書かれたコンセプトを用いる。彼の無重力な作品はn次元空間を吊るすにも関わらず次から次へと攻撃を受け、そのストレスには耐えられないのか音のファブリックが破れるのもそのうちだ。

アーティスト一覧