Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

6:00 pm — 9:00 pm

TCF: 0A F0 11 6B 5A D7 F9 96

Performance

TCFの作品は、展覧会や、音楽の両分野を行き来する。彼の創作には、ビジュアル、音、記述されたコンセプトなどを用い、コード、暗号法、作曲などといったテーマを探求する。

6:00 pm — 9:00 pm

時の受容: 竹村延和

Performances and Talk
竹村延和, IKU,

竹村延和が中心となり特別に構成されるN.Tアンサンブルによる演奏。アーティストの長年のテーマである、言語と音響の関係性を四重奏と電子音を基に、テキスト、イメージなどを用い、竹村延和の世界感を凝縮した新作。

2:00 pm — 8:00 pm

トモコ・ソヴァージュ: ウォーターボウルズ

A workshop for kids and a concert

子供たちのための2つのワークショップとコンサート。水の波がかき混ぜられ、トーンが変わり、そして液体の量に応じて音が変化します。

 

プログラム一覧

アーティスト

ライラ

ライラはシンガー、作曲家、プロデューサー兼パフォーマンス・アーティストである。彼女はペンシルバニア州の片田舎で生まれ育つ。ニューヨーク州北部でクラシック音楽を学び、過去3年間ベルリンを拠点に活動を行う。 彼女のソロ作品やコラボレーションでは、グローバルな資本主義の領域と、これまで以上に大きく組織化されたデジタル領域における感情の中にある、自己の官能的神秘主義と超越的出現を探求している。個人的・芸術的実践の両方において、ライラは自らを感情、共感、リスニングに捧げることによって自己実現とあらゆる肯定的、集団的行動の中心的な原動力としている。

竹村延和

アーティスト/作曲家。90年代初頭より、遊びや情動から導かれる秩序形成とその過程、探索と創発性に着眼し<こどもの感受性>をテーマに活動を続ける。ポストロック、電子音楽から現代-実験音楽までを独自に往来する。内外より多数のアルバム発表、欧米にて演奏活動をおこなう。00年以降は音を超え、映像、インスタレーション、絵画、詩作、戯曲といった方面に創作領域を拡張。代表作は「こどもと魔法」、「ソングブック」、「ツァイトラウム」など。08年渡独を経て現在は京都在住。二度目の個展「アインハイト」を開催、音楽ユニット「とけゆくかこ」を始動させる。

toiret status

山口県在住の音楽家。作品制作・発表を排泄・洗浄となぞらえ、「水に流す」ことをテーマとする。iPhoneやiPadの簡易的な音楽制作アプリケーションGarageBandのみで楽曲制作を行い、サンプリングミュージックの手法でビートメイキングを施す。2015年にWasabi Tapes(JP)よりDJWWWWとのユニットToiret $egatus名義でYamaGucciを、2016年にはOrange Milk(US)より◎omaru◎をリリース。

アーティスト一覧