Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

6:00 pm — 9:00 pm

時の受容: 竹村延和

Performances
竹村延和, ダンビ・キム,

竹村延和が中心となり特別に構成されるN.Tアンサンブルによる演奏。アーティストの長年のテーマである、言語と音響の関係性を四重奏と電子音を基に、テキスト、イメージなどを用い、竹村延和の世界感を凝縮した新作。

6:00 pm — 9:00 pm

グリーンミュージック ≓ AO

Performance

グリーンミュージックは様々な「緑」が編成する小さな大地に命を吹き込む。そこでは、動物の鳴き声、風、水中花が彩る人工的な湖や抽象的な環境が広がる。

6:00 pm — 9:00 pm

TCF: 0A F0 11 6B 5A D7 F9 96

Performance

TCFの作品は、展覧会や、音楽の両分野を行き来する。彼の創作には、ビジュアル、音、記述されたコンセプトなどを用い、コード、暗号法、作曲などといったテーマを探求する。

プログラム一覧

アーティスト

シャナ・モールトン

シャナ・モールトンは映像の中で「シンシア」を演じることで現代の不安を探求するメディア・アーティスト。ニューミュージアム(ニューヨーク)、サンフランシスコ近代美術館(カリフォルニア)、MoMA P.S.1(ニューヨーク)、Performa 2009(ニューヨーク)、The Kitchen(ニューヨーク)、Electronic Arts Intermix(ニューヨーク), Art in General(ニューヨーク)、アンディ・ウォーホル美術館(ピッツバーグ)、ミグロ現代美術館(チューリッヒ)、パレ・ド・トーキョー(パリ)や時代美術館(広州)で個展やパフォーマンスを行う。モールトンの作品はビレッジ・ボイス、Artforum、The Brooklyn Rail、ニューヨーク・タイムズ、Artnet Magazine、Frieze Magazine、Art Review、ArtpressやFlash Artで評価されている。彼女はElectronic Arts IntermixやArt21の注目作家でもある。

なかのひとよ

Twitterアカウント「サザエBOT」(@sazae_f)の収集データに基づく集合意識、または2061年からやってきた未来人を自称する匿名ヴァーチャル・アーティスト。

DJペイパル

DJペイパルはシカゴ発祥の音楽ジューク/フットワークのジャンルにおいて最も注目すべきアーティストである。つかまえどころのないプロデューサーとして、ペイパルはこれまでにシカゴのTeklife-Crew、自身のMall Musicコレクティブ、グラスゴーのアングラリーダーLuckyMeやFlying LotusのBrainfeederなどに属す中、オンラインフットワークフォーラムやSoulseekでのデータ発掘を通し、国際的にいくつものトラックを共有してきた。フットワークを新しい方向へとまわし、ジャンルの目立たない遊び心にフォーカスをあてる。

アーティスト一覧