Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

11:00 am — 9:00 pm

なかのひとよ

Online Exhibition
なかのひとよ,

#ホワイトペーパー
#ホワイトペーパー はこの Google Docs 上で行われる予測不能のパフォーマンス。これは頻繁に白紙に戻り、アーカイブに残りません。つまり、作品が観れるか? それがどんな作品か? すべては訪れるあなたの運にかかっています。またこれは時間帯に応じ、レベル(管理権限)の変更が行われます。

11:00 am — 9:00 pm

外の世界の内で

Group Exhibition and Opening
オーロラ・サンダー, グリーンミュージック, イェンナ・ステラ, ラーズ・TCF・ホルトゥス, 谷口真人, ヨハンナ・オーダスキー, シャナ・モールトン,

グループ展外の世界の内ででは、フェスティバルのテーマになっているInfrastructure (基盤、下部構造)を中心的なキーワードとし、アート、音楽など様々な分野に跨って表現を行う国内外の7名のアーティストとともに、新たな普遍性を発見する試みです。

9:00 pm — 11:00 pm

エクスチェンジ: 新たな国際プラットフォーム

Performances and Talk
Alma, ラリー, IKU, Nile Koetting, 松本望睦,

ALMA、IKU、ラリーのスペシャルなストリーミングライブ。また、インフラ INFRAの3人の共同主催者とのトークも開催。

プログラム一覧

アーティスト

ヨハンナ・オーダスキー

ヨハンナ・オーダスキーはドイツに拠点を置くアーティスト。現在フランクフルトのStädelschuleに美術を先行。彼女の関心は帰納に見る審美的な形に循環している。オーダスキーはそんな興味を制作の大まかなフレームに使い、同時に消去、雰囲気や意味などといったテーマも取り上げる。再構成、自己言及により私たちの時間軸や「存在」の理解とは異なる時間枠やオルタナティブスペースを連想させる。

シャナ・モールトン

シャナ・モールトンは映像の中で「シンシア」を演じることで現代の不安を探求するメディア・アーティスト。ニューミュージアム(ニューヨーク)、サンフランシスコ近代美術館(カリフォルニア)、MoMA P.S.1(ニューヨーク)、Performa 2009(ニューヨーク)、The Kitchen(ニューヨーク)、Electronic Arts Intermix(ニューヨーク), Art in General(ニューヨーク)、アンディ・ウォーホル美術館(ピッツバーグ)、ミグロ現代美術館(チューリッヒ)、パレ・ド・トーキョー(パリ)や時代美術館(広州)で個展やパフォーマンスを行う。モールトンの作品はビレッジ・ボイス、Artforum、The Brooklyn Rail、ニューヨーク・タイムズ、Artnet Magazine、Frieze Magazine、Art Review、ArtpressやFlash Artで評価されている。彼女はElectronic Arts IntermixやArt21の注目作家でもある。

トモコ・ソヴァージュ

トモコ・ソヴァージュは、自然の素材という不安定で流動的な存在を扱う彼女の特有の楽器と、その音楽のもつ特異な速度を追求することで、様々な演奏形態の 可能性を引き出している。それはサウンドインスタレーションのように音楽のあいだを自由に行き交い音楽を聴くことさえ可能にしている。トモコ・ソヴァージュはすでにヨーロッパ、日本、アメリカの様々なシーン、異なった会場で演奏、展示をし、現在活躍の場をさらに広げている。

アーティスト一覧