Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

11:00 am — 9:00 pm

なかのひとよ

Online Exhibition
なかのひとよ,

#ホワイトペーパー
#ホワイトペーパー はこの Google Docs 上で行われる予測不能のパフォーマンス。これは頻繁に白紙に戻り、アーカイブに残りません。つまり、作品が観れるか? それがどんな作品か? すべては訪れるあなたの運にかかっています。またこれは時間帯に応じ、レベル(管理権限)の変更が行われます。

6:00 pm — 9:00 pm

トーク:アルゴリズミック言語

Talk
ラーズ・TCF・ホルトゥス, イェンナ・ステラ,

イェンナ・ステラとラーズ・TCF・ホルトゥスによるパネルディスカッションでは、現代のテクノロジーやアルゴリズムが、アートと音楽にどのように影響を与えているかを、観客を交え話し合います。

9:00 pm — 10:00 pm

アイデンティティを考える

Talk
H. Takahashi, Y. Ohashi,

TakahashiとY. Ohashiを迎え、文化的コンテキスト、オンラインアイデンティについて考えます。

プログラム一覧

アーティスト

Nile Koetting

ナイル・ケティングはテキスト、映像、パフォーマンス、音響、インスターレーションや科学物質などといった、多様なメディアを用いて表現を行うアーティスト。ナイルの作品は、ドイツのZKM美術館や、森美術館、メゾン・エルメスなど国内外にて発表されている。 ナイルはサウンドギャラリーEBM(T)とインフラ INFRAのファウンダーでもある。

エママウス

現代アート的電波アイドル風ハードコア調シンガー・トラックメイカー。現実逃避で没入したゲームの世界(仮想空間)を、仮装することで現実世界とアイデンティファイしている。つまり皮膚という設定のマスクを被って2015年よりLIVE活動を開始。自身をモチーフとしたイラストレーションや、実際には無いゲームのサウンドトラックを制作。

オーロラ・サンダー

オーロラ・サンダーはベルリンを拠点とするエレノア・オーロラ・オースゴールとブロア・サンダー・ベルク・ストーセスによるデュオであり、皮肉や驚きと共に世界の新しい見解を紹介する。彼らの場合、型は機能の結果ではなく、機能には必ず遊びが隠れている。デュオにより制作されるオブジェは型と機能、アートとデザイン、議論と嫌悪感の狭間にある。オーロラ・サンダーはアート界や社会化、流通、価値創造、判断や蓄積に本来ある構造にスタイリッシュに反抗する。

アーティスト一覧