Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

8:00 pm — 8:30 pm

Y Ohashi: 宙憶の備忘録 -mental sketch-

Concert

三つのサイコロを用い、出た目の組み合わせによって音が徐々に組成されて行く。既製品のサイコロ自体にコンセプトがあり、パッケージにはこう書かれている。「3つのキューブを使って未来の宇宙で起こる物語を作ってみよう」

6:00 pm — 9:00 pm

H.Takahashi: House

Performance

家の中に漂う時間や質感。朝、昼、夜、廊下、寝室、庭など誰もが共通認識として持っているイメージを題材とし、H.Takahashiはそれらを別の空間へと変容させていきます。

6:00 pm — 9:00 pm

時の受容: 竹村延和

Performances and Talk
竹村延和, IKU,

竹村延和が中心となり特別に構成されるN.Tアンサンブルによる演奏。アーティストの長年のテーマである、言語と音響の関係性を四重奏と電子音を基に、テキスト、イメージなどを用い、竹村延和の世界感を凝縮した新作。

プログラム一覧

アーティスト

ラーズ・TCF・ホルトゥス

TCFはベルリンを拠点とするノルウェイ出身のアーティスト兼プロデューサー、ラーズ・ホルトゥス。作品の展示と音楽パフォーマンスを繰り返す中、TCFの作品はコード、暗号法といったテーマを探求し、音楽的作曲には視覚性、聴覚性、ビルド(プログラム)や、書かれたコンセプトを用いる。彼の無重力な作品はn次元空間を吊るすにも関わらず次から次へと攻撃を受け、そのストレスには耐えられないのか音のファブリックが破れるのもそのうちだ。

なかのひとよ

Twitterアカウント「サザエBOT」(@sazae_f)の収集データに基づく集合意識、または2061年からやってきた未来人を自称する匿名ヴァーチャル・アーティスト。

エママウス

現代アート的電波アイドル風ハードコア調シンガー・トラックメイカー。現実逃避で没入したゲームの世界(仮想空間)を、仮装することで現実世界とアイデンティファイしている。つまり皮膚という設定のマスクを被って2015年よりLIVE活動を開始。自身をモチーフとしたイラストレーションや、実際には無いゲームのサウンドトラックを制作。

アーティスト一覧