Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

6:00 pm — 9:00 pm

時の受容: 竹村延和

Performances
竹村延和, ダンビ・キム,

竹村延和が中心となり特別に構成されるN.Tアンサンブルによる演奏。アーティストの長年のテーマである、言語と音響の関係性を四重奏と電子音を基に、テキスト、イメージなどを用い、竹村延和の世界感を凝縮した新作。

6:00 pm — 9:00 pm

トーク:アルゴリズミック言語

Talk
ラーズ・TCF・ホルトゥス, イェンナ・ステラ,

イェンナ・ステラとラーズ・TCF・ホルトゥスによるパネルディスカッションでは、現代のテクノロジーやアルゴリズムが、アートと音楽にどのように影響を与えているかを、観客を交え話し合います。

9:00 pm — 11:00 pm

エクスチェンジ: 新たな国際プラットフォーム

Performances and Talk
Alma, ラリー, IKU, Nile Koetting, 松本望睦,

ALMA、IKU、ラリーのスペシャルなストリーミングライブ。また、インフラ INFRAの3人の共同主催者とのトークも開催。

プログラム一覧

アーティスト

食品まつり

食品まつりは、東京を拠点とする電子音楽家。2016年の『Ez Minzoku』は、Pitchforkのエクスペリメンタル部門、FACT Magazine, Tiny Mix Tapesなどの年間ベストに選出。自身のルーツである沖縄の音楽を背景に、ジューク/フットワークからのインスパイアとポスト・インターネット以降のハイブリッドな感覚を持つ、新世代のアヴァンギャルド/電子音楽の中でも日本を代表するアーティストである。

Nile Koetting

ナイル・ケティングはテキスト、映像、パフォーマンス、音響、インスターレーションや科学物質などといった、多様なメディアを用いて表現を行うアーティスト。ナイルの作品は、ドイツのZKM美術館や、森美術館、メゾン・エルメスなど国内外にて発表されている。 ナイルはサウンドギャラリーEBM(T)とインフラ INFRAのファウンダーでもある。

DJWWWW

DJWWWWのユニークなスタイルは「インターネットの音」に例えられる。山口県で生まれ育ったWWWWは音楽メディアSIM、音楽レーベルWasabi Tapes創設者の一人でもある。2015年にリリースしたアルバム『U.S.M!』が、The Wireにて年間ベスト作品の一つとして挙げられる。2016年には米・レーベルOrange Milkよりカセット・アルバムArigatoをリリース。同アルバムはTiny Mix Tapesの年間ベスト作品として選出された。

アーティスト一覧