Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

7:00 pm — 9:00 pm

DJ Paypal x Makoto Taniguchi: リアニメーション

Commissioned Work, Performance, Talk
谷口真人, DJペイパル,

本パフォーマンスではアニメ好きの、DJペイパルによる疾走感と躍動感を持った音響の中で、谷口の作るキャラクター「SOI」のアニメーションが巨大スクリーンに投影され「リアニメーション(再生)」して行きます。

6:00 pm — 9:00 pm

時の受容: 竹村延和

Performances
竹村延和, ダンビ・キム,

竹村延和が中心となり特別に構成されるN.Tアンサンブルによる演奏。アーティストの長年のテーマである、言語と音響の関係性を四重奏と電子音を基に、テキスト、イメージなどを用い、竹村延和の世界感を凝縮した新作。

11:00 am — 9:00 pm

なかのひとよ

Online Exhibition
なかのひとよ,

#ホワイトペーパー
#ホワイトペーパー はこの Google Docs 上で行われる予測不能のパフォーマンス。これは頻繁に白紙に戻り、アーカイブに残りません。つまり、作品が観れるか? それがどんな作品か? すべては訪れるあなたの運にかかっています。またこれは時間帯に応じ、レベル(管理権限)の変更が行われます。

プログラム一覧

アーティスト

H. Takahashi

1986年 東京生まれ。建築家・作曲家。DIYを主軸にできる限り要素を減らした簡素な方法で制作を行う。作曲にはiPhoneのGarageBandを用いアンビエントをメインとした 作品をWhere To Now?(UK)、Constellation Tatsu(US)等々から発表。また、アンビエントユニットUnknown Meの作曲なども行う。

イェンナ・ステラ

イェンナ・ステラのインスタレーションやテキスト、そしてサウンド・パフォーマンスは、テクノロジーを介した不安定な社会的、または物質的状況を分析し、反応を示すことを試みている。近年は、究極的には理解し得ない、かつ、絶え間なく生成される極めて複雑な生物学的及び計算的システムを研究。ステラの作品は、世界文化の家(ベルリン)、ICA London(ロンドン)、東京都現代美術館(東京)などで発表されている。

エママウス

現代アート的電波アイドル風ハードコア調シンガー・トラックメイカー。現実逃避で没入したゲームの世界(仮想空間)を、仮装することで現実世界とアイデンティファイしている。つまり皮膚という設定のマスクを被って2015年よりLIVE活動を開始。自身をモチーフとしたイラストレーションや、実際には無いゲームのサウンドトラックを制作。

アーティスト一覧