Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

6:00 pm — 9:00 pm

H.Takahashi: House

Performance

家の中に漂う時間や質感。朝、昼、夜、廊下、寝室、庭など誰もが共通認識として持っているイメージを題材とし、H.Takahashiはそれらを別の空間へと変容させていきます。

6:00 pm — 9:00 pm

時の受容: 竹村延和

Performances
竹村延和, ダンビ・キム,

竹村延和が中心となり特別に構成されるN.Tアンサンブルによる演奏。アーティストの長年のテーマである、言語と音響の関係性を四重奏と電子音を基に、テキスト、イメージなどを用い、竹村延和の世界感を凝縮した新作。

12:00 am — 5:00 am

新世代クラブ

At WWWβ
Club Night, Performances
エママウス, 小林リリウム, Alma, 食品まつり, DJWWWW, toiret status, ライラ, ラリー,

楽しさ、スピード、テンポを知り尽くすDJや音楽プロデューサーによる、フェスティバル最終日のクロージングパーティー

プログラム一覧

アーティスト

小林リリウム

Lilium Kobayashi (リリウム・コバヤシ)は東京在住のアーティスト。Pink Queendomコレクティブの一員として活躍する。

ラーズ・TCF・ホルトゥス

TCFはベルリンを拠点とするノルウェイ出身のアーティスト兼プロデューサー、ラーズ・ホルトゥス。作品の展示と音楽パフォーマンスを繰り返す中、TCFの作品はコード、暗号法といったテーマを探求し、音楽的作曲には視覚性、聴覚性、ビルド(プログラム)や、書かれたコンセプトを用いる。彼の無重力な作品はn次元空間を吊るすにも関わらず次から次へと攻撃を受け、そのストレスには耐えられないのか音のファブリックが破れるのもそのうちだ。

ダンビ・キム

ダンビ・キムは韓国、ソウルを拠点に活動を行うアーティスト。キムはお茶、お香、言語、音を通して人生の静穏や儚さを伝えるべく「冥想曲」の会を開催している。朝鮮の伝統弦楽器、コムンゴを演奏していた彼女は2014年茶道に出会う。千利休による「わび茶」に大きな影響を受ける。ヨーロッパ滞在中、中国の茶の文化に惚れたキム、現在は茶道、お香について中国茶の宗匠より学んでいる。

アーティスト一覧