Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

11:00 am — 9:00 pm

なかのひとよ

Online Exhibition
なかのひとよ,

#ホワイトペーパー
#ホワイトペーパー はこの Google Docs 上で行われる予測不能のパフォーマンス。これは頻繁に白紙に戻り、アーカイブに残りません。つまり、作品が観れるか? それがどんな作品か? すべては訪れるあなたの運にかかっています。またこれは時間帯に応じ、レベル(管理権限)の変更が行われます。

6:00 pm — 9:00 pm

時の受容: 竹村延和

Performances and Talk
竹村延和, IKU,

竹村延和が中心となり特別に構成されるN.Tアンサンブルによる演奏。アーティストの長年のテーマである、言語と音響の関係性を四重奏と電子音を基に、テキスト、イメージなどを用い、竹村延和の世界感を凝縮した新作。

9:00 pm — 11:00 pm

エクスチェンジ: 新たな国際プラットフォーム

Performances and Talk
Alma, ラリー, IKU, Nile Koetting, 松本望睦,

ALMA、IKU、ラリーのスペシャルなストリーミングライブ。また、インフラ INFRAの3人の共同主催者とのトークも開催。

プログラム一覧

アーティスト

ダンビ・キム

ダンビ・キムは韓国、ソウルを拠点に活動を行うアーティスト。キムはお茶、お香、言語、音を通して人生の静穏や儚さを伝えるべく「冥想曲」の会を開催している。朝鮮の伝統弦楽器、コムンゴを演奏していた彼女は2014年茶道に出会う。千利休による「わび茶」に大きな影響を受ける。ヨーロッパ滞在中、中国の茶の文化に惚れたキム、現在は茶道、お香について中国茶の宗匠より学んでいる。

Francesco Cavaliere

フランチェスコ・カヴァリエはベルリンを拠点に活動を行う音楽家。音、素材、空間の組み合わせによる感性で、多様なエキゾチックテイストの作品を発表。彼の作品は、想像の旅の中へリスナーを没入させ精神を豊かにするため、声、ガラス、鉱物などの録音を元にアナログ技術を用い音が生成される。

谷口真人

映像、ミクストメディアオブジェクト、絵、インタラクティブインスタレーションなど複数の表現形態で現代の人間の存在感を探究する。主な個展に、2015「you」(AISHONANZUKA、香港)、2014「Untitled」(NANZUKA、東京)、2012「あのこのいる場所をさがして(2005- )」(SUNDAY、東京)、2011「アニメ」(SUNDAY ISSUE、東京)、主なグループ展に、2014「美少女の美術史」(青森県立美術館 / 静岡県立美術館 / 島根県立石見美術館(巡回))、2011-2012「Daughters of the Lonesome Isle Marlene MARINO / Makoto TANIGUCHI」(SPROUT Curation、東京)、2009「neoneo 展part1[男子]」(高橋コレクション日比谷、東京)など。

アーティスト一覧