Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

8:00 pm — 8:30 pm

Y Ohashi: 宙憶の備忘録 -mental sketch-

Concert

三つのサイコロを用い、出た目の組み合わせによって音が徐々に組成されて行く。既製品のサイコロ自体にコンセプトがあり、パッケージにはこう書かれている。「3つのキューブを使って未来の宇宙で起こる物語を作ってみよう」

2:00 pm — 8:00 pm

トモコ・ソヴァージュ: ウォーターボウルズ

A workshop for kids and a concert

子供たちのための2つのワークショップとコンサート。水の波がかき混ぜられ、トーンが変わり、そして液体の量に応じて音が変化します。

 

11:00 am — 9:00 pm

外の世界の内で

Group Exhibition and Opening
オーロラ・サンダー, グリーンミュージック, イェンナ・ステラ, ラーズ・TCF・ホルトゥス, 谷口真人, ヨハンナ・オーダスキー, シャナ・モールトン,

グループ展外の世界の内ででは、フェスティバルのテーマになっているInfrastructure (基盤、下部構造)を中心的なキーワードとし、アート、音楽など様々な分野に跨って表現を行う国内外の7名のアーティストとともに、新たな普遍性を発見する試みです。

プログラム一覧

アーティスト

オーロラ・サンダー

オーロラ・サンダーはベルリンを拠点とするエレノア・オーロラ・オースゴールとブロア・サンダー・ベルク・ストーセスによるデュオであり、皮肉や驚きと共に世界の新しい見解を紹介する。彼らの場合、型は機能の結果ではなく、機能には必ず遊びが隠れている。デュオにより制作されるオブジェは型と機能、アートとデザイン、議論と嫌悪感の狭間にある。オーロラ・サンダーはアート界や社会化、流通、価値創造、判断や蓄積に本来ある構造にスタイリッシュに反抗する。

エママウス

現代アート的電波アイドル風ハードコア調シンガー・トラックメイカー。現実逃避で没入したゲームの世界(仮想空間)を、仮装することで現実世界とアイデンティファイしている。つまり皮膚という設定のマスクを被って2015年よりLIVE活動を開始。自身をモチーフとしたイラストレーションや、実際には無いゲームのサウンドトラックを制作。

toiret status

山口県在住の音楽家。作品制作・発表を排泄・洗浄となぞらえ、「水に流す」ことをテーマとする。iPhoneやiPadの簡易的な音楽制作アプリケーションGarageBandのみで楽曲制作を行い、サンプリングミュージックの手法でビートメイキングを施す。2015年にWasabi Tapes(JP)よりDJWWWWとのユニットToiret $egatus名義でYamaGucciを、2016年にはOrange Milk(US)より◎omaru◎をリリース。

アーティスト一覧