Tokyo's international Festival
for Music and Visual Culture.

東京を拠点とするサウンドギャラリーEBM(T)と、ベルリンを拠点に活動を行う3hd Festivalは、フェスティバル「インフラ INFRA」 を8月19日から8月26日まで開催いたします。

インフラ INFRAは、デジタルカルチャー時代におけるアート、音楽、思想を、美術館や、ギャラリー、クラブ、そしてオンラインという場を介して開催される、今までにはないフェスティバルです。

基礎や基盤を意味する インフラ INFRAという名前は、アーティスト、参加者にとっての新しい基盤を意味しています。

Berlin’s 3hd Festival and Tokyo-based EBM(T) Gallery are combining forces to work on インフラ INFRA 2017 in Tokyo, running August 19 to 26.

An ambitious festival of art, music, and thought in the digital age, the program unfolds in museums, galleries, clubs, and online.

The name インフラ INFRA is a play on the abbreviated form of ‘infrastructure,’ and breaks new ground for participants.

プログラム

7:00 pm — 9:00 pm

DJ Paypal x Makoto Taniguchi: リアニメーション

Commissioned Work, Performance, Talk
谷口真人, DJペイパル,

本パフォーマンスではアニメ好きの、DJペイパルによる疾走感と躍動感を持った音響の中で、谷口の作るキャラクター「SOI」のアニメーションが巨大スクリーンに投影され「リアニメーション(再生)」して行きます。

6:00 pm — 9:00 pm

TCF: 0A F0 11 6B 5A D7 F9 96

Performance

TCFの作品は、展覧会や、音楽の両分野を行き来する。彼の創作には、ビジュアル、音、記述されたコンセプトなどを用い、コード、暗号法、作曲などといったテーマを探求する。

6:00 pm — 9:00 pm

トーク:アルゴリズミック言語

Talk
ラーズ・TCF・ホルトゥス, イェンナ・ステラ,

イェンナ・ステラとラーズ・TCF・ホルトゥスによるパネルディスカッションでは、現代のテクノロジーやアルゴリズムが、アートと音楽にどのように影響を与えているかを、観客を交え話し合います。

プログラム一覧

アーティスト

Francesco Cavaliere

フランチェスコ・カヴァリエはベルリンを拠点に活動を行う音楽家。音、素材、空間の組み合わせによる感性で、多様なエキゾチックテイストの作品を発表。彼の作品は、想像の旅の中へリスナーを没入させ精神を豊かにするため、声、ガラス、鉱物などの録音を元にアナログ技術を用い音が生成される。

なかのひとよ

Twitterアカウント「サザエBOT」(@sazae_f)の収集データに基づく集合意識、または2061年からやってきた未来人を自称する匿名ヴァーチャル・アーティスト。

竹村延和

アーティスト/作曲家。90年代初頭より、遊びや情動から導かれる秩序形成とその過程、探索と創発性に着眼し<こどもの感受性>をテーマに活動を続ける。ポストロック、電子音楽から現代-実験音楽までを独自に往来する。内外より多数のアルバム発表、欧米にて演奏活動をおこなう。00年以降は音を超え、映像、インスタレーション、絵画、詩作、戯曲といった方面に創作領域を拡張。代表作は「こどもと魔法」、「ソングブック」、「ツァイトラウム」など。08年渡独を経て現在は京都在住。二度目の個展「アインハイト」を開催、音楽ユニット「とけゆくかこ」を始動させる。

アーティスト一覧